社長メッセージ - 株式会社山徳 | 株式会社山徳

我々はまだ、何も成し遂げていません。

1990年の創業以来、家庭用ゲーム機に始まり、着物、貴金属、タレントグッズ等の様々な商材を、国内海外を問わず様々なチャネルを用い、取り扱ってまいりました。
特にここ数年はEC事業の成功も手伝い、会社として『成長期』と言っても良い状態が続いております。

それでもまだ、何も成し遂げていない、そう思うのです。

『ある人にとって不要となったものを、別の必要とする人に届ける』シンプルに言えば、これこそが我々リユース事業に携わる人間の使命です。
これを地球規模で行ってはじめて、何かを成し遂げたと言えるのではないか、私はそう思うのです。

我々は創業以来、日本で買い取った商品を、世界96カ国に向けて販売してまいりました。
その経験を生かし、既存EC事業が好調な今こそ、世界各国で買取、販売を行い、本当の意味でのリユース事業を立ち上げる時だとの思いに突き動かされております。

幸いなことに、山徳には「よりグローバルに、より自由な発想で、より主体的に」というスローガンのもと、若く、様々な得意分野を持った人材が集まってくれました。
彼らが活き活きとその能力を発揮してくれれば、必ず世界中の人々が幸せになれるような、Global Recycling Networkを形成することができると確信しております。

山徳は今後も走り続けてまいります。 今後とも皆様の変わらぬご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。