佐藤 龍生 | 先輩社員の声 株式会社山徳 | 株式会社山徳

企画部(ネット事業部第1グループ担当)
佐藤 龍生
2017年入社
入社の経緯
僕は、レトロゲームが大好きです。

僕はゲームが大好きです! 特にファミコンからプレイステーションくらいまでの、いわゆるレトロゲームが大好きです。最近のゲームももちろん面白いのですが、当時の限られた技術の中で作成されたレトロゲームには製作者の試行錯誤が詰まっていて、造り手の思いや制作の背景が見えてくるところに、魅力を感じます。

個人的に、消費者として体験してきたレトロゲームの良さを、もっと広めたい、もっと共有したい、という思いを学生時代から持っていました。しかしレトロゲームに限らず誰かの手を渡ってきた「もの」には、きっと何かストーリーがあるはずです。就職先を探すうえで、そのように「もの」を通して誰かの思いを感じたりそれをまた違う誰かに伝えていけたりしたら素敵だなと思い、リユース業界に興味を持ちました。

業務内容
企画部第1G担当として

所属は企画部で、現在は第1グループ(ゲーム)の担当をしています。企画部としてはキャンペーンの企画立案や、SNS・ブログ向けのコンテンツ作成。レトロゲームの知識を活かした販売戦略立案などを行っています。

とはいえ企画部としてはまだまだ勉強中なのとレトロゲームの知識が認められたことから、第1グループの現場で実際に査定や出品などの作業に携わることも多いです。今後のためにも査定から販売までの一通りの流れを理解することはとても大事だと思っているので、必要に応じてどちらの業務にも関わるようにしています。ただ、現場に入ると思わずゲームで遊びたくなってしまうのが玉にキズです(笑)

やりがい
だれかの生活に、ひとつ良いものをプラスする

当社が取り扱っている商材は、あって当たり前なものではなくあると生活がより豊かになるもの、つまり生活必需品でなく嗜好品が大半を占めています。「誰かの生活に何かひとつ良いものをプラスしている」ということに、やりがいを感じますね。それが僕の大好きなゲームなので、なおさらです!

もともと自分の中で好きなものを仕事に結びつけることができれば、社会人として理想的だと思っていました。ゲームに関してこれまで褒められたり共感されたりすることが少なかったので、仕事として成り立ちなおかつ知識を活かせて人にも褒めてもらえているので、やりがいを持って仕事ができています。

目標
人と人とのつながりの中で貢献できるように

社会は人と人とが触れ合って、つながりながら成り立っているのだと思います。僕の好きなゲームには、マニア的で暗いイメージがあるかもしれません。特にレトロゲームは1人でプレイするゲームが多いこともあり、人とのつながりとは遠い存在だと感じる方も多いでしょう。でも実際は1人プレイのゲームであっても、攻略するためにプレイヤー同士で情報をシェアしたり体験を共有することで、繋がりを感じることができるんです。

そのような人と人とがつながりあっている社会の中で、もっと広く貢献していきたいという思いがあります。たとえば、初対面の相手にも「この人はこうやって信頼を得ているんだな」と納得してもらえるような人になりたいですね。

社内では後輩社員の模範となれるような人になりたいです。とくに後輩社員には、ただ業務のためだけに知識を学ぶのではなく、商材自体を好きになることで楽しく仕事をしてもらえたらと思います。

メッセージ
好きな気持ちを昇華すべき

ある友人に「シューティングゲームは死んで覚えろ」と言われました。現実世界ではさすがに死ねませんが(笑)、日々の中でミスをしてしまうことはよくあると思います。僕が所属する企画部のメンバーは、「まずやってみる」という意識をもった人たちばかりです。自分自身を振り返ると、社会人になる前は何事も失敗を恐れて、なかなか踏み出せないことが多くありました。でも、最初から完璧にできることなんてありません。企画部に入ったことで、ミスをしてもいいからまずはやってみることが大事なんだと、学ぶことができました。

また第1グループ担当として、僕はゲームが好きなので、好きなものを形にして発信することができてとても幸せです。好きなものがある人の中には、積極的に広めたい人、自分の中だけで楽しみたい人など、様々な人がいます。でも僕は、好きな気持ちを自分だけが持っていることに少しでも疑問を感じるのなら、昇華させていくべきだと思います。自分の好きなものの良さを広めたい人は、ぜひ山徳で一緒に頑張っていきましょう!

1日のスケジュール

  • 9:00
    販売データチェック
  • 10:00
    コンテンツ記事の作成
  • 12:30
    お昼休憩
  • 13:15
    ゲーム査定
  • 14:30
    オークションの出品
  • 15:30
    キャンペーンの企画
  • 16:45
    コンテンツ記事の最終確認
  • 17:45
    退社
  • 新卒採用
  • 中途採用