安田 力 | 先輩社員の声 株式会社山徳 | 株式会社山徳

システム・デザイン部システムグループ
安田 力
2016年入社
入社の経緯
ライフワークバランスがとりやすい

大学を卒業後、システム関係の企業に入社し、企業向けシステムの開発を行っていました。男性社員の比率が非常に高い会社だったのですが、そこで現在の妻と出会いました。結婚を考えた際、残業時間の長さなど労働環境が私の希望と合わなくなってきたため、退職を決意しました。

その後、転職をして営業を経験したのですがどうしても性に合わず、再度転職をして山徳にお世話になることになりました。入社以前はシステムグループだと残業が多いのではないかと不安でしたが、いざ入社してみると天国でした(笑) 開発するものが、社内システムメインだからこそだと思います。ライフワークバランスが非常にとりやすいですね。

業務内容
フットワークの軽さを感じる

当初はプログラムの開発だけを行っていましたが、現在では新入社員の教育や業務の割り振りも担当しています。だんだんと業務内容が変わってきましたね。その他にも、各部門のメンバーにヒアリングしたり、設計したり、開発も引き続き行っています。

マネジメント面では、コミュニケーション能力の重要性を実感しています。ヒアリング一つをとっても、様々な業務上の問題点や違いを聞き出さなければなりません。なによりもチームが上手く回ればいいなと思いながら、業務を行っています。

以前の会社と比較すると、山徳は社内システムの開発がメインなので、フットワークの軽さを感じます。物理的にも心理的にも距離が近いですね。そのおかげで、スピード感を持って仕事ができますし、レスポンスを集めて反映させることができています。たまにスピード感が早すぎて困ってしまうこともありますけどね(笑)

やりがい
新しいことをはじめると、ドキドキワクワクしませんか?

新たなプロジェクトの立ち上げに関わることができるので、やりがいを感じます。新しいことをはじめる時って、ドキドキワクワクしませんか? もちろん不安や面倒くささを感じることもありますが、知らないことを勉強するきっかけにもなるので、私は大好きです。

そもそも以前開発していたのは業務システム中心で、Web関係はほとんど未経験でした。入社直後は新しいことばかりでついていくだけで精一杯でしたが、だんだんと立ち上げに関わったシステムも増えてきたので感慨深いですね。今後は、特定の人物に依存しているシステムを減らし、出来る限り各現場でメンテナンスできるような設計に切り替えていきたいと思っています。

環境面でも、従業員同士の年齢が近いこともあり、居心地が良く、働きやすいと思います。相談もしやすいですし、ディスプレイや椅子など、物理的にも働きやすい環境が整っています。

目標
責任と自由は同時に大きくなるのかな

自ら仕事を生み出していけるようになりたいですね。現状は企画部などのアイディアをもとに動き出すことが多いので、こちら側から「こんなシステムがあるといいのでは?」と提案できるようになりたいです。

そのためには、自分はまだまだ知識や経験が不足していると思います。現場も含め、社内に対する理解も不足していると思います。お金の流れも重要です。それらを全て理解した上で、提案もできる。システムの枠を越えた人材になりたいですね。将来的に他の部門に行っても活躍できるくらい、既存事業に対する理解を深めていきたいです。

既存の問題を改善しながら新たなプロジェクトに取り組むのは大変です。最近感じるのは、責任と自由は同時に大きくなるのかなということ。楽しくもあり、不安でもあり、ドキドキしますね。とはいえあまり抱え込みすぎても良くないので、手を抜けるところは抜き、オンオフの切り替えをはっきりとさせ、バランスを意識して頑張っていきたいです。

メッセージ
中途入社でも受け入れてもらえる会社

私自身もそうですが、中途入社でも受け入れてもらえる会社だなと感じます。業務面だけでなく、プライベートでも同様です。飲み会にもちゃんと誘ってもらえています(笑)

システムグループとしては、社内システムがメインなので無茶な納期がなく、調整が効きやすいところも魅力ですね。

妻と子供と自宅のローン返済のため、私は山徳で頑張っていきます!

1日のスケジュール

  • 9:00
    メール確認
  • 9:30
    タスク管理ツールで進捗確認
  • 10:00
    設計
  • 12:30
    お昼休憩
  • 13:15
    ミーティング
  • 15:30
    トラブル対応
  • 16:00
    メンバーとコミュニケーション
  • 16:10
    開発
  • 17:45
    退社
  • 新卒採用
  • 中途採用